今日はマシニングセンタで初めてタップ加工してみました^o^

普段はボール盤やら手作業でやってますが数量があると大変です。せっかくマシニングを導入したのでやってみることにしました!

●まずはM12

M12深さ32通しです。


工具はメガシンクロタッパーでポイントタップ使ってます。立てれるか、かなり心配ですがなんとか立てれました^o^
M12だと手で立てると結構疲れますから、加工できてうれしいです^o^

●次はM16
M16深さ43止まり穴立ててみたいと思います!



なんとか立てれました^o^これは気持ちいいですね!どこまでサイズあげれるか気になりますがとりあえずM16までは余裕だと分かりました^o^



ちなみにプログラムとしてはピッチはF2.0と入れるのがメルダスです。またインチネジは11山ならE11と入れれば送りを自動計算してくれます。これは楽チンですね^o^
タップ始める前に手前でオリエントして主軸を定位置にしとくと同じ軌跡で入るので深さの追加加工ができ、PTなどの追い込みができます。またこの技をやるには主軸を始めに低速ギアに入れて、タップ加工も低速ギアに入れておかないとダメです。ギアチェンジしちゃうと定位置がずれます。



同期タップはタッパーのように伸びてくれないのでBIGのメガシンクロタップみたいな微小フロート機能があると一番良いような気がします。タッピングペーストは切削油で溶いてちゃんと流し込むようにしましょう!カッチングだとかじるかもしれません…
もし折れたら速攻で非常停止ボタンですね!よろしくお願いします^^;




コメント
コメントする